ホーム トップページへ お問い合わせ サイトマップ ワード検索 リンク集 掲示板

ユーロビジョン・2005

ルスラナが勝利者! オレンジ革命 タブリヤのゲーム ユーロビジョン・2005 愛・地球博(EXPO 2005)のウクライナ館の案内 ウクライナ大統領来日 ウクライナ独立14周年記念日 可愛いウクライナ 協同の見通しを定義して ウクライナのラジオを聞く 元日本兵ウクライナで生存 チェルノブイリ原発事故20年 ユーラシア大陸をオート三輪で横断中

 

ご注意!!!
このサイトの誤字脱字又は仮名遣いのミスがあった場合、マウスでマークしCtrl+Enterをお押し下さい

Orphus system

アクセス出来る以下のページ:

 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sponsored by

 
 
Dreams Come True Foundation

 

 
 
 
 

広告

 
 
 
 
 
 

 

第50回ユーロビジョン・ソング・コンテスト

 

目次

 

ユーロビジョン・ソング・コンテストの案内

ユーロビジョン・ソング・コンテスト(欧州テレビ歌手競争)はヨーロッパの最もすばらしく、最も陰謀的な音楽のでき事であります。それはヨーロッパの最も人気のある音楽的な国際競争であります。毎年何百万ヨーロッパ人はテレビでそれを見ます。競争の目的はヨーロッパの最もよい歌を明らかにする とします。

1956年から開始される、ユーロビジョン・ソング・コンテスト(英語で Eurovision Song Contestフ ランス語で Concours Eurovision de la Chanson) はヨーロッパ各国の国立テレビ放送会社が団結している欧州放送連合会(EBU)の会員の諸参加 国の、毎年放映される歌のコンテストであります。当コンテストはテレビ又はラジオの放送で、全ヨーロッパ中送ります。最近、当コンテストはヨーロッパ以外、世界の他の地域へ放映され、インターネットを通じてウェブ放送されます。

最初のユーロビジョンの歌のコンテストは1956年、Lugano市(スイス連邦共和国)に行われました。それは戦後のヨーロッパの各国を結合する方法とすべき新しいコンテストとして、イタリアの有名なSan Remo歌の祭が起源をなしています。当コンテストの希望する目的は現代ポピュラー・ミュジクの区域での新機軸の作曲・作詞を刺激するとします。最初のコンテストに参加したのは7ヶ国からの14人の歌手です(各国を代表されるのは歌手が2人/歌が2編)。

ウクライナは2003年に当コンテストにはじめて参加しました(ウクライナ代表のOlexander Ponomaryov は第14位)。そして2004年にウクライナの第2回参加にもかかわらず、当年ウクライナ代表の女性歌手Ruslanaは自作曲・自作詞の「Wild Dances」と言う歌を歌ってウクライナにとって素晴らしい勝利を得ました。

2005年のユーロビジョン・ソング・コンテストはウクライナ首都キエフ市で行います。合計39 ヶ国は2005年5月19日から21日までのキエフでのユーロビジョン・ソング・コンテストの50周年祭といったような偉大なイベントに参加するのを確認しました。

ウクライナ国立テレビ放送会社(NTU)によって催されるこの重要なでき事は1週間中、ユーロビジョンネットワークを通じてキエフから生放送する予選と本選との2つの生放送のコンテスト同時になります。

偉大な伝統および相続財産があるユーロビジョン・ソング・コンテストは、1956年以来の長い道を辿っていて、現在は毎年無慮100百万人に見られ る数番組の1つとする真の全ヨーロッパの番組であります。前の通りには、無慮2000人のジャーナリストは2005年回のユーロビジョン・ソング・コンテストを報道すると期待され、全ヨーロッパどころか全世界のすべての大陸の諸国の無慮100百万人の視聴者はキエフからの生TV放送を見ることができ ます。

出場国は39ヶ国で、その中の25ヶ国(アンドラ、オーストリア、ベロルシア、ベルギー、ブルガリア、クロアチヤ 、デンマーク、エストニア、フィンランド、マケドニア、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イスラエル、ラトビア、リスアニア、モルドバ、モナコ、ネザーランド、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロベニア、スイス連邦共和国) は予選に参加します。初参加国はブルガリアとモルドバです。

39ヶ国の14ヶ国(アルバニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、キプロス、ドイツ、フランス、ギリシャ、マルタ、ロシア、セルビア・モンテネグロ、スペイン、スウェーデン、トルコ、イギリスおよび去年の勝者ウクライナを含んで)は2004年回のユーロビジョン・ソング・コンテストの時には2005年回本選に参加する事を確認しました。

キエフのユーロビジョンには約一万人のツーリストが着くことが期待されます。

このページの上へ


 

ユーロビジョン最新ニュース

 

22.05.2005・ギリシャはナンバー・ワン!

今夜よるおそく第50回ユーロビジョン・ソング・コンテストが終わりました。本選の結果、第一位はギリシャの女性歌手Helena Paparizou(ヘレナ・パパリズ) さんでした。彼女の”My number one”(マイ・ナンバー・ワン)と言う歌は230点で不可避的な勝利を得ました。優勝曲を全ヨーロッパのテレビ視聴者が電話投票で選びました。キエフのPalats Sportuの舞台の上にヘレナさんはルスラナからユーロビジョンのグランプリを受け取って、ウクライナ大統領ヴィクトル・ユシチェンコさんからウクライナ特設のユーロビジョン金の賞を受賞しました。第50回ユーロビジョン・ソング・コンテストが終わって次の第51回ユーロビジョン・ソング・コンテストの国が今回の優勝者の国であるギリシャで開催予定となります。詳細はESCfun@JPNのサイト

 

 

20.05.2005・予選を通過した参加諸国は全ヨーロッパ電話投票によって決定されていました。

ESC−2005の予選の電話投票の結果のとおり25からの10 ヶ国の参加者が確認されています。昨日の予選の参加者の中5月21日の本選に参加するのは次の参加国であります。ハンガリー、ルーマニア、ノルウェー、モルドバ、イスラエル、デンマーク、マケドニア、クロアチヤ、スイス、ラトビア。そして本選の連続した順序は次のとおりであります。

1 . ハンガリー
2 . イギリス
3 . マルタ
4 . ルーマニア
5 . ノルウェー
6 . トルコ
7 . モルドバ
8 . アルバニア
9 . キプロス
10 . スペイン
11 . イスラエル
12 . セルビア・モンテネグロ
13 . デンマーク
14 . スウェーデン
15 . マケドニア
16 . ウクライナ (昨年のESC-2004優勝国)
17 . ドイツ
18 . クロアチヤ
19 . ギリシャ
20 . ロシア
21 . ボスニア・ヘルツェゴビナ
22 . スイス
23 . ラトビア
24 . フランス
17.05.2005・ルスラナのEuroClub(ユーロ・クラブ)でのコンサート

Ruslanaルスラナ)は大成功的にユーロビジョン・2005の EuroClub(ユーロ・クラブ)コンサートをもよおしました。彼女はユニセフ善意の大使として「アレナ」の舞台に出ました。この前は有名なウクライナの歌手である彼女はその名誉称号をユニセフから得ました。Ruslanaはコンサートの幕切れにそのコンサートに出席したヴィクトル・ユシチェン大統領から大きな花束をもらいました。コンサートは全ヨーロッパを生放送でおくりました。

 

16.05.2005・「ユーロビジョン・2005」の公式な開会式

今日は国際的な歌のコンテスト「ユーロビジョン・2005」の公式な開会式がキエフのマリインスキ宮殿の前に行われました。

15.05.2005・「ユーロ・キャンプ」の開会式

Ruslanaルスラナ)はユーロビジョンのゲストのための宿営地EuroCamp(ユーロ・キャンプ)での芸術のマラソンを開けました。1つの歌を歌っては帰るはずでしたが、彼女がいくつかのインタビューそして複数のサインした後やっと出かける事ができました。その後でステージに上演したのは民謡団でした(一般的にはそのような民謡の歌手達は多分アーティストの三分の一のはずなんです)。 その開会式のもっとも主要なでき事はウクライナのユーロビジョンの参加者のGreenjolly(グリンジョリ)のグループの記者会見でした。その二人の若い歌手はそのキャンプについて自分の印象をかたりました。(記者会見した場所はテントの中のプレス・センターでした。)

 

このページの上へ


キエフの町では(写真・アマチュア・ビデオ)

 

キエフの町のユーロビジョンの広告ポースタ

(写真: © Dreams Come True Foundation, 2005.撮影: 20050522日)

 

キエフの中央デパートの建物の前のユーロビジョンのポースタ

(写真: © Dreams Come True Foundation, 2005.撮影: 20050522日)

 

町では

(写真: © Dreams Come True Foundation, 2005.撮影: 20050522日)

 

キエフ国立音楽大学の前

(写真: © Dreams Come True Foundation, 2005.撮影: 20050522日)

 

町の写真屋さん

(写真: © Dreams Come True Foundation, 2005.撮影: 20050522日)

 

屋外コンサート

アマチュア・ビデオ一を見る

アマチュア・ビデオ二を見る


(写真・ビデオ: © Dreams Come True Foundation, 2005.撮影: 20050522日)

 

このページの上へ


便利なリンク

  • 日本語のリンク

    data by year/開催年別データ/2005年(第50回)

    Eurovisionについての唯一の日本語のウェブサイトである『ESCfun@JPN』と言うサイトの2005年キエフ(ウクライナ)ユーロビジョン・ソング・コンテストについての情報。


    SVENSKA FRONTEN (スウェーデンの今):そして 「EUROVISION SONG CONTEST」 (上)

    『スウェーデンに4年暮らし、現在は博士課程を履修している筆者がみるスウェーデン社会・経済・政治の今』と言う目的を持っているウェブサイトにある、第49回全ヨーロッパの音楽祭典のイスタンブルのEurovision−2004の優勝者Ruslana(ルスラナ)についてのページ。

     
  • 外国語のリンク

    Eurovision Song Contest - Kyiv 2005

    ウクライナ国立テレビ放送会社(NTU)創立のウクライナ公式のウェブサイト(英語、フランス語、ウクライナ語)


    Eurovision Song Contest

    ウクライナ国立テレビ放送会社(NTU)創立の海外向きの公式のウェブサイト(英語、フランス語)

     

    このページの上へ


  •      

    ホーム ] トップページへ ]

     

    Locations of visitors to this page

     

    GEOLOC:localisation des internautes Лучшие проекты о Японии. YakuSu - ウクライナ語翻訳専門サイト


    このウェブサイトからの情報の転用は禁止されています。テキストやグラフィック等全ての情報は契約者以外の第三者が利用することが

    できません。このウェブサイトについてご質問等は japan4you@ukr.net にお送りください。

    Copyright © 2005-2015 Dreams Come True Foundation. No reproduction or republication without written permission.

     

       最終更新: 2016-03-11